玉突き交通事故の処理について

交通事故には人と自動車の交通事故や、車同士の交通事故などさまざまなケースがあります。交通事故が発生したときに当事者同士で話し合われるのが事故の過失割合や損害賠償についてです。この話し合いは事故の状況によってはなかなかまとまらないこともあります。

交通事故の中でも処理が大変難しいのが玉突き事故です。ここでは玉突き事故が起こった際に知っておいてほしいことについて解説します。

玉突き事故とはどんな事故か

まずは玉突き事故とはどのような事故を指すのか、について知っておきましょう。前方の車に対して、後方の車が突っ込んできて追突する事故の事を追突事故と言います。追突事故によってぶつけられた車が前方に押し出され、更に前方の車にぶつかると玉突き事故という扱いになります。

最初の車が勢い良くぶつかった場合は、玉突き事故によってぶつけられた車がさらに前方の車に追突してしまうこともあります。玉突き事故が発生する原因は大きく分けると2つです。1つは後方の車が前方確認をしていないためブレーキを踏むのが遅くなってしまったために追突するケースや、前方の車との車間距離が短すぎたことによってブレーキが間に合わなかったケースなど、主に後方の車の不注意によるものです。

そしてもう1つは前方の車が急ブレーキをかけたことによって後方の車が止まり切れず、玉突き事故が発生するという前方の車が原因となっているものに分けられます。

複数の車が絡む玉突き事故の責任の所在はとても複雑

交通事故が発生したときに真っ先に考えなければいけないのが、誰が原因でその交通事故が発生したかという事です。加害者も被害者もそれぞれ1人であれば、当事者同士が事故発生時の状況について意見を交わし合い、どちらに責任があるかを決めればよいだけですが、玉突き事故の場合は少なくとも3人の人間が関わってきます。

それぞれの車が走行していたのかどうかでも責任の所在は変わってきますし、運転手の状況判断はどうだったのかによっても責任を誰が負うことになるのかは大きく変化します。そもそも3人でそれぞれ意見をぶつけあって話し合うことになるわけですから、それだけでもなかなか意見がまとまらないのは目に見えています。

そして事故に遭遇した人の中には出来るだけ自分に有利に話を進めたいと、なかなか人の意見を受け入れようとしない人も出てきます。交通事故に関しては形式的な「過失割合の基準」というものが設けられてはいるのですが、玉突き事故はケースバイケースであることが多く、形式的な過失割合の基準に当てはめようとしても上手くいかないことが多いのです。

玉突き事故の責任の一例

ではよく発生する玉突き事故のケースをいくつか挙げ、その玉突き事故ではどのような過失割合になるのか確認してみましょう。完全に当てはまるとはいえない場合が多いものの、以下に挙げる割合を基準にすれば公平な判断ができるようになります。

まずは赤信号など法的な理由で前方の車が停車している場合に最後方の車が突っ込んで玉突き事故が発生した場合は、完全に最後方の車の前方不注意が事故発生の原因となるので100パーセント追突してきた車に責任があるものとされます。

そのため慰謝料や車の修理代は全て最後方の車を運転していた人が支払う事となります。次に前から2番目の車が急ブレーキをかけたことによって最後方の車が2番目の車にぶつかり、2番目の車が3番目の車にぶつかったときに関しては、緊急回避のためやむを得ず急ブレーキをかけてしまった場合を除き、2番目の車に対しても過失が認められます。

高速道路上は通常の道路とは少し過失の割合が異なってきます。

高速道路上は基本的には信号がないため停車や急ブレーキが禁止されています。そのため、ハザードランプがついていない状態で意味もなく停車していたり急ブレーキをかけたことによって玉突き事故が発生してしまった場合は、一般道路と比べると停車していた前方の車にも過失が認められる場合があります。

もちろん渋滞しているために停車していたなど、法律的に問題がない停車中の玉突き事故の場合は一般道路と同様に停車していた車には一切責任はありません。例えば、走行中に何らかのトラブルが発生したなどによってはハザードランプを点灯させた状態で停車している車に後方から突っ込んだ場合は、ハザードランプをつけて停車している車に関しては過失はありません。

最後に一番前の車が急ブレーキをかけたことによって後方の車も急ブレーキをかけることとなり、追突事故が発生したものの、2番目の車が一番目の車にぶつからなかった場合はどうなるのでしょうか。

この場合、事故が発生した根本的な原因は一番前の車が急ブレーキをかけたことによるものなので一番前の車が最も責任が重いように感じますが、実際には最も前方の車の過失割合はゼロです。なぜかというと、最も前方の車はどの車にもぶつかっていないですし、ぶつけられてもいません。

ですから事故を起こしていないことになるので交通事故の当事者にはならないのです。このケースの場合、最も過失割合が大きいのは最後方から追突してきた車の運転手になります。

交通事故の際は優先道路側かどうかが重要となります

玉突き事故に遭遇した時の対応の仕方

玉突き事故に遭遇した場合はすぐに安全なところに車を停車させます。車を停車させたらまずは誰が事故に巻き込まれているのかを確認すると同時に、ケガをしている人は居ないかチェックしましょう。もし負傷している人が居れば応急処置をおこなってすぐに救急車を呼んでください。

応急処置の方法が分からなければ、すぐに救急車を呼んで到着するまでどうすれば良いか指示を仰ぐと良いでしょう。同時に警察にも通報して事故現場に来てもらいましょう。警察による実況見分ではその後の過失割合に大きく関わってくるので、隠し事はせずありのままを伝えるようにしてください。

それらが終了したら自分が加入している自動車保険会社に連絡を入れて、自分も病院へ行きましょう。事故当時は何もなくても、後から痛んだりすることもあります。体調的になんの異常がなかったとしても病院での精密検査は必要です。

過失割合に納得がいかなかったら

過失がこちらに少しでもあれば保険会社同士の話し合いとなるのでまだ良いのですが、過失が全くない場合は保険会社との話し合いは自分自身でおこなうことになります。保険会社は極力支払う慰謝料を少なくしようとするので、納得がいかないことも多いでしょう。

もし自分自身でどうにもならない場合は、弁護士に相談するのも1つの方法です。費用が発生しますが、自分で交渉するよりもずっと多くの慰謝料を受け取れるケースが多いので利用する価値は十分にあります。

詳細>>交通事故専門の弁護士 ... 弁護士法人アディーレ法律事務所https://ko2jiko.com/